• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

パチンコのもうひとつの楽しみ方|本気で勝ちに行く=

パチンコメーカーもホールも絶対に教える事の出来ないパチンコの勝ち方を完全ユーザー目線のパチンコ情報本気で勝ちに行くでマスターしたお客様からの戦績報告です

潜伏で・・・=ガンビー様=

  1. パチンコホールコンピュータ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
さて、タイトルから察する通りです。
日曜日、月曜日と忙しくていけなくて
あのセミナーの情熱がもっていけなかったのが残念です。

いつもの通り出陣の時間は遅めで
夜8時30分。

今日の目的は二つ。
ホールの観察と勝つこと!なんちゃって。

まずは、セミナーの内容を生かすためにホールをチェックです。
ホールをぐるぐる回ってみます。
ふんふん、、、今日はあまり当たってないようだ。
ほぉ~Xjapanが3台横並びで2万、3万、2万発でてるなぁ~。
全体的に今日は大当たりが少ないようです。

データロボの方はっと。でっかい液晶に色々書いてます。
ふむ。。。見方がまずわからん。。。
これは何日かならさないとダメそうです。
とりあえず現状の大当たりはジグザグみたいです。
ほぉ、これはわかりやすい。
あとは今日の流れを観れるようになればよさそうだ。
これが大当たりグループかなぁ~っと
台の方にいってみると結構ドル箱積んでいらっシャる。

新北斗です。
ちょうど系列台で本日大当たり無の台が空いたので
試しに座ってみました。
2回転目。
おおっ!いきなり赤い光と背景予告きた!
シンリーチ!
いけるか~~~!発展した~!
がしかし百烈拳届かず~~~。
それから3000円投下するもリーチが不調。
撤退です。

ここまでで、一息。
ホールを観るのって難しいですねぇ。
やはり自分の技として消化していない知識はすぐに
使いこなせるものではないと実感。
おいおい慣れていこうと思います。

時間は9時20分。
そういえば肝心な物を忘れてました。
イベント台です。
通常イベントとは別に店長オススメの
イベント台がありました。
「一騎当千」です。
実はこの台に何度か救われてます。
四万負けたときには二万発で巻き返し、
七万負けたときには三万発で夢想転生。
まぁ、今考えると負けてる時に活躍した思い出しかないです。
しかもこの台、なぜか確変ではまりまくります。
時々、音割れがするのとなんか関係があるのでしょうかねぇ。

と長い前置きはこのぐらいに。
台を観てみると大当たりが一番多い台がちょうど空いてます。
大当たりの割合はこんな感じです。
前々日5 前日37 本日30(子当たり累計無)
お、これはまさしく、調子があがっている台では!?

さっそく座ってみることに。
二千円投入した時点でバコバコ入賞する&リーチも好調。
これはいったかと思った瞬間に
朝雲リーチから黄昏モード突入。
セグを確認すると潜伏です!きた~。
時間をみると9時35分。
1時間もあれば、相当勝てるぞ~と意気込む私。

しかし、地獄はそこから始まった。。。
※何度も言いますがこの台は子当たりは計上しません。
140 潜伏  朝雲リーチからの黄昏
150 潜伏  地下室
170 潜伏  突発黄昏
212 潜伏  地下室
256 潜伏 赤保留 3回疑似連突発黄昏

やばい。。。電チューがないのでお金へりまくりです。
なにより時間がねぇ!
この時点で一回も通常モードに移行せず
すでに曹操さんと司馬さんを2周してます(汗)。
しかし潜伏状態でやめるわけにはいかず、追撃開始。

300 潜伏 銀保留 2回疑似連突発黄昏
330 潜伏 孔明の罠リーチからの黄昏
357 確変 黄昏モードからの孫権EXTRA!

やっときました!もうすでに万札切ってます。
焦ってていくらつかったのかも覚えていません。
まぁ負けてるのは間違いないはず。
唯一の救いは最初から確変だったこと。

そして時間は22:20。
1時間近く潜伏してやがりました。
結局、その後はボタン光や全回転で爆発し、4箱まで確変
でいき、閉店終了~。

さて、なんであたりが引けなかったのかという疑問。
3つほど候補があります。

1つ目。
実は、斜め後ろのライディーンの台が終わった時点で
24連チャン中でした。
途中から人がいなくなり、当たってる台も終わって
自分とのその台のみの戦いだったようです。
大当たりの優先度が低かったため、当たり来なかったのかなぁという処ですかね。

2つ目。
潜伏じゃなかった。って処でしょうか。
まぁ黄昏から抜けずここまでモード以降を潜伏セグで
繰り返したらさすがに通常ではないと思うんですけどねぇ。

3つめ
運が悪かった。
200回も電チュー無でまわさせられたらしんでしまいます。
普通にあたったのと変わらないではないか。
これは高尾台の特徴ですが、MAXの潜伏ってこれだから嫌いです。

ゼロワンを使えば良かったのですが、時間が迫ってたのもあり
潜伏中は、ほぼ平打ちでした。他の攻略を持っていれば
もうちょっといい策がうてたのかなぁ。
まぁそんなこんなで当たりはしたものの
気持ちはげんなりでした。

ホール観察のスキルはまだまだ磨かないといけなそうです。
以上!


ゼロワン打法セカンドステージ

ホールコンピュータ解説

テーマ:勝ち続ける方法 - ジャンル:ギャンブル



 管理者にだけ表示を許可する
 



.